ナックン夏休みの記録とそれから


by nalapoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

部屋に入りたいときは

ナックン出戻り騒動から、…えっと。。。どのくらい経ちましたかね??

ナックンは相変わらず、うちでアフアフ言って暮らしています。

今日はナックンが猫から人間への進化における、大きな一歩を踏みましたので久しぶりにブログに書きます。

ナラは、人間のいる部屋にいないとダメな猫です。全然マイペースじゃない。もう人間が動く度に自分のペース乱しまくりでくっ付いてくるのです。
なので、独りで寝てる、なんてことはめったにありません。

常に人のいる部屋で寝て、騒ぎます。


そんなナックンが一番取り乱す瞬間は、人間だけが部屋に入って、部屋のドアを閉められてしまった時です。
リビングもキッチンも、トイレやエサの置いてある部屋も全て開け放たれていても、
「ひとりにしないでぇぇ~~!!」
とドアが閉まった時から騒ぎ始め、ドアの下から手を挿し入れてみたり、ドアにすがりついたりします。
それをひとしきり続けて、それでも開けてくれないと分かった場合も、決して他の部屋で休んだりはせず、ドアの前で待機します。


そんなナックンが今日、史上稀に見る(であろう)進歩を遂げました。

ノックをするようになったのです。

今日、私がいつものように部屋に入りドアを閉めると早速ギャーギャー言い始めました。
それでも無視し続けていると、突然

「コンコンコンコンコンコン」

と細かいながらもしっかりとしたノック音が刻まれました。

明らかにナックンのノックでした。


もちろんドアは開けてあげました。


次の進歩はいったいなんでしょうか。
飼い主の希望としては、
「帰ってきたらご飯が炊けてる」って事でしょうか。
[PR]
by nalapoko | 2006-04-06 13:16