ナックン夏休みの記録とそれから


by nalapoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

看過できない副作用

おそろしい事になってしまいました。

ナックン御用達の健康エサ『サイエンスダイエット』にこんなに深刻な副作用があるとは思いませんでした。。。


うちでは、一日2回のエサタイムがあります。
朝9時前後と、夜9時前後です。
とは言っても、結構フレキシブルに朝ご飯の時間に合わせて、夜のエサタイムを決めるようにしています。


私がナックンの異常を発見したのは、数日前のことです。
だいぶ狂った腹時計をもつネコたちは、夕方6時くらいから、私の部屋での動きに敏感になります。トイレに立っただけで、エサコーナーまでダッシュをして、エサ皿の前でこちらを振り向いて「そろそろご飯じゃない??」という顔をします。

それはいいのです。
ご飯が生きる幸せの95%を占めているのですから、それは仕方ない。

そこで、まだご飯がもらえないと分かると、ノコノコと昼寝場所に散っていくのですが、その日のナックンは違いました。。。


空っぽのエサ皿を見つめて、顔を近づけて、まるで何かを口に入れたときのように「ムシャムシャ」と咀嚼の動きをしました。


ナックン…

そのエサは、幻覚だよ。。。(涙)



エサに完全に支配されたナックンの脳は、ついにナックンに、実際にはありもしないエサを見させて、普段どおりの「ムシャムシャ」の動きをさせているんです。

エサの思わぬ副作用に操られる、かわいそうなネコ。。。



っていうか、本当にこれはやばい。
[PR]
by nalapoko | 2006-07-23 09:18