ナックン夏休みの記録とそれから


by nalapoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2005年 11月 23日 ( 1 )

教育

学校もThanksgivingの休暇に入り、これから1週間、毎日ほとんどの時間をナラとともにするのかと思うと眩暈がします。

今日も、机の上に乗って何か宙を見てソワソワしていたので
「コイツ、、、飛ぶんじゃ…」
と警戒した瞬間、跳躍のために後ろ足にチカラが入っていました。

「そこで跳ばれたら、明らかに着地点はパソコン!!」

と瞬時に判断した私が、腕で行く手を阻むと、ネコのくせしていとも簡単にバランスを崩したナラが、私が手に持っていたココアの上にかぶさってきました。

休み中ずーーーっとはいてようと思っていたスエットが、休暇スタート直前にしてココア飛沫の被害にあいました。。。

我に返ったナタソは
「あれ、なんかイケナイことしたんじゃね?」
って顔して、微妙に後ずさり。

許すわけには行きません。
だって一週間の休暇中ずっとはいとくはずだったスエットが。。。

で、家中追っかけまわして、他の部屋に逃げ込んだところで、部屋のドアを閉めて閉じ込めておきました。

普段一瞬でも閉じ込められようものなら、ドアが閉まった瞬間から
「アァ~~フ~~!!(出して~!!)」
「ニャ~~~フ~~~!!(開けて~~!!)」
と声の限り叫び続ける、まったく困ったやつなのですが、

今日はさすがに反省の色を見せて、最初の10分ほどは静かに監禁されていました。
その後、小さな声で
「ウァ~~…(あのぉ~~)」
「フアァ~~…(そろそろ~…)」
などと言い訳をはじめ、

次第にその声が大きくなっていき、

終いにはいつものように
「アァ~~フ~~!!(だーしーてー!!)」
と大声を上げていました。

あまりにうるさいのでドアを開けて、

「チョット!!あやまってよね。あんたが洗濯するわけじゃないんだからさ。ウチは洗濯にもお金と手間がかかるの知ってるでしょ?」

と迫ると、

スリスリしながら私の周りを回り、上目遣いで見つめながら

「さっきは、自分の不注意でココアをこぼしてしまってすみませんでした。これからは周りにも気を配れるようなネコになっていこうと思います。」

となかなか骨のある答えをしていました。

そうそう、最近ナタソは『ウン』っていう動作を覚えました。
例えば、
あ:「今日はずっと留守にしててゴメンネ~。さみしかったよね~。」
ナ:『ウン』(頷き)
という具合に。
Atlas(第一頚骨)の使い方がわかったようです。


でも3歩歩いて忘れるのがナラだから。

謝罪後3歩歩いて4歩目から小走りでエサの前に近寄って、振り返り
「ま、とりあえず一段落ついたとこで、エサくれよ。」

と早速なーなーになってました。。。

こういう場合は再度監禁するべきか、懐柔策に出るべきか…
新米飼い主の私には判断が難しい場面。
ネコ教育は、毎日いらぬ発見と苦悩の連続です。
[PR]
by nalapoko | 2005-11-23 17:30